Drone with 1080P HD Camera for Kids and Adults ,Zuhafa JY03,WiFi FPV Transm
2021
02.12
Vol.67 ③ 特集◎「釣りを巡る美術・芸術探訪」より
―水際の奇跡を眺める、もう一つの釣り世界―
金城次郎(陶芸家)

【再入荷】 Lekufee Carrying Case Compatible with New DJI Air 2S Drone or DJI Mavic Air ドローン、ヘリ、航空機

語り◎名嘉睦稔 Talked by Bokunen Naka
取材・文◎本誌編集部
写真◎狩野イサム

 沖縄県の陶芸家、故・金城次郎氏は、日常的な暮らしに「用の美」を見出そうという積極的な姿勢が認められ、1985年、沖縄県で初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に選ばれた。笑っているように見えるユーモラスな魚の「魚紋」や「海老紋」は、金城次郎作品を代表する絵柄であり、まさに器の中に沖縄のすべてが凝縮されている。戦前、那覇の海で育った次郎氏の芸術性と発想の原点を求め、同じ沖縄県出身の世界的な木版画家、名嘉睦稔(なかぼくねん)さんがその足跡を訪ねた。

新品 フェイラー タオル ハンカチ  4枚セット まとめ売り

「魚紋抱瓶」GYOMON-DACHIBIN
「温かさと素朴さがみなぎる中に、おおらかな力強さがある。それは、圧倒的な数の作陶をくりかえしたからこそ生まれた感性ではないか」と睦稔さんは言う。

 金城次郎氏は、大正元年(1912)年に沖縄県那覇市与儀で生まれ、陶工の修行に入ったのは大正14(1925)年13歳の頃だった。沖縄の焼き物の拠点であった昔の壺屋(つぼや)地区は、焼き物の一大製造地で南・北・中部に窯があり、土を作る人や轆轤(ろくろ)を回す人など作業は分業制で行っていた。次郎氏のお孫さんで陶芸家の藤岡香奈子さんによると次郎氏の父、金城宮清氏も「ンチャクナーサー」といって粘土を踏んで陶土を作る専門職人で、壺屋の各製陶所を回っていたという。
 次郎氏が入門したのは、壺屋にあった新垣永徳の製陶所だ。ここで陶芸の基礎を学び、昭和20(1945)年に沖縄戦が終結すると翌年の昭和21(1946)年、次郎氏は那覇市壺屋に築窯する。

使われなくなった那覇の壺屋地区の登り窯。壺屋の「やちむん通り」を歩いていると、今にも陶工たちの声が聞こえてきそうだ。

「その頃、柳宗悦を団長とする『民藝運動』の濱田庄司や河井寛次郎ら民藝関係者が、次郎さんの作品をはじめ、壺屋焼きのさまざまな焼き物を見て驚愕するわけです。何に驚いたかかというと、生活の道具を突き抜けた強さがあったからだと思います。
 壺屋で日常の道具を作っているのは無名の市井の人たちで、頓着しないで使っているのに『芸術作品を作るぞ!』と意気込んでいる人を、軽く超えているところがあったのだと。市井の人は作るときに肩ひじを張らずに錬磨しているわけだから、筆の運びにしても掻き落としにしても達人です。そういう美を、民藝運動を推進していた人たちが知って、高く評価したのだと思います」と睦稔さんは話す。

「海老紋花瓶」EBIMON-KABIN
美しい刷毛目が目をひく海老紋の花瓶。東欧、西アジアなど、はるか異国の薫りもたずさえ、奥ゆかしく表情も穏やかに描かれている。

 金城次郎氏の壺屋焼の特長は、柳宗悦が言っているように「強さと若さ」だと睦稔さんは言う。そして、壺でも甕(かめ)でもシルエットが横に広がらず、どちらかというと木の実を連想させるようなフォルムの作品が多いようだと。
「ノボタンやチャーギ(イヌマキ)の実とか、クロキ(リュウキュウコタン)の実とか、クチナシの実とか……そういった木の実が持っている丸みがあるのです。なかにはブルーベリーのように横にブクッと膨れているものもあるけれど、野生の木の実は紡錘形をちょっと膨らませたような感じです。そういった天然の豊饒さを感じさせるシルエットに魚紋が入っています。
[ペダル随時追加]エフェクターセット(バラ売りも可)

新型ドローン カメラ付き GPS搭載 免許不要 4KHD高画質 オプティカルフロー スマホ操作 遠隔 航空撮影4軸航空機 収納ケース付き 航空法規制外 おすすめ s167

写真右は金城次郎氏のお孫さんで陶芸家の藤岡香奈子さん。現在、沖縄県中頭郡読谷村(なかがみぐんよみたんそん)の「やちむんの里」で『陶芸工房 ふじ』の代表として陶匠を務める。
陶芸工房 ふじ』 
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2677-1
TEL/098-989-1375

 藤岡さんのお話しでは、普通なら茶碗ができたら茶碗だけ、皿だったら皿だけを並べるけれど、次郎さんはそれをしなかったそうです。同じ種類を並べた方が見栄えがいいし運びやすいのに、ランダムに並べて『別にこれでいいさぁ』と言ったそうです。同じ種類を整然と並べるのではなくて、『ここにはこれがあったほうがしっくりする』という、独自の空間的美意識があったのではないかと思います。
 モノが誕生する前の気分や空気も併せて、モノが置かれている風景を感じていたのだと思うのです。だから『これはここ』というインスピレーションが生まれる。雑然と並べているように見えるけど、次郎さんの中には『並びの美しさ、たたずまいの美しさ』があったのだと思います。こだわりというか、直感のようなものがね。
 線を描くときも引っ掻いて線を付けるわけだけど、次郎さんの作品は、線が密集している部分と線が少なくて開放されている部分があります。そこに藍の色を差したりして、線の構成と色面の構成が、白地の中で絶妙なバランスを保っているようです。

【再入荷】 Lekufee Carrying Case Compatible with New DJI Air 2S Drone or DJI Mavic Air ドローン、ヘリ、航空機

ハーレー ダビットソン

【未使用】アップルペンシル第2世代 APPLE MU8F2J/A花瓶の裏に入った金城次郎氏の作を示す「次」の刻。「沖縄の職人たちは『ミーナリー(見て覚えて)、チチナリー(聞いて覚える)』が基本。自分が特別なことをやっているという意識がないから伝える必要もなく、作ることが生活の一部になっているから弟子をとるという意識もない」と睦稔さんは言う。

 民藝運動の人たちが好んだ要素として白い部分、余白の空き方も好みだったのではと思います。その余白の中に、あの力強さがある。空間を捉えて利用するのが日本人は上手だし、空間のありように情緒が宿るから、そこに生きとし生けるものの情感が映える。そんな細やかな命の情感が、次郎さんの作品の根っこの部分にあると思います。それが前面に出すぎると食傷気味になるのだけど、うまい具合に抑えられていて、作品のおおらかさを引き立てている。今日、次郎さんの作品を見て触れて、そういう印象を改めて持ちました」

 魚がまるで生きているような生命観あふれる金城次郎氏の作品は、線に躍動感がある。線と色が一つの塊になって全体として強く訴えてくることで、文様と色とが空間の中で一つになっている。そして、どの方向から見ても隙がないと睦稔さんは言う。
「線の描き方は、訓練すれば上手になるイメージがあるでしょう? でも、そうじゃないのです。線を描くセンスは、持って生まれた才能で決まります。これは、いかんともしがたい事実です。実際に魚をひたすら観察したからといって、ああいう絵は描けないのです。

トートバッグ カルティエ ショルダーバッグ ビジネスバッグ レディース メンズ ボルドー マストライン 中古

証券アナリスト 2022年TAC通信講座セット ※DVD無し+2次過去問題集
赤土に白化粧を施し釉薬を使う「上焼(ジョウヤチ)」という技法を用いて、生涯を通して琉球陶器のみを作陶し続けた。

 藤岡さんが次郎さんに『なぜ魚を描くの?』聞いたところ、『沖縄のことを描こうと思ったら魚になった』と言ったそうです。そして、『これは何という種類の魚ですか?』と質問されて困った次郎さんは、『夢に見た魚です』と答えた。それが正解です。蝶々も何か特別な種類を描いているわけではなくて、『ただの蝶々』なのです。次郎さんの感性で必要な線だけ残して文様化すると、ああいう感じになるのだと思います」
 睦稔さんは、金城次郎氏のすごさをひと言でいうなら、「本人は『何か特別に変わったことをしているつもりはない』と自覚していたことだ」と言う。自分の仕事を愛し、日常生活の中で仕事をせっせとこなし、真面目に働くことを人生の基本とすることが生きがいだった。人間国宝の認定はあくまで結果であって、本人はそれを目指したわけではない。普通のオジイが粛々と仕事をこなした結果、途方もない世界を創ってしまったのだと。素晴らしい芸術作品が生まれるというのは、そういうことなのだ。そして、睦稔さんは金城次郎氏のその姿に、強い憧れを感じるという。

金城次郎(きんじょう じろう)
陶芸家
1911年-2004年。沖縄県那覇市与儀生まれ。国の重要無形文化財「琉球陶器」技能保持者(沖縄県で初の人間国宝)。13才で陶工見習として壷屋の新垣栄徳窯に入門。浜田庄司、河井寛治郎らをはじめ柳宗悦を団長とする民藝調査団も早くから注目し才能を見出す。琉球の焼物にこだわり、誰が見ても金城次郎の作品とわかる作風(魚紋)を確立する。1972年に沖縄で初めての沖縄県指定無形文化財の指定を受け、1977年「現代の名工」(労働大臣賞)、1985年国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定される。
名嘉睦稔(なか ぼくねん)
木版画家
1953年沖縄県伊是名島生まれ。絵画、イラスト、デザインの創作を経て版画と出会う。自由にならない不定線、一気呵成の彫り上げと着色、瞬間性の彫りと裏手彩色の技法は、森羅万象をテーマとする版画作品の世界を怒濤のごとく押し広げた。「描き足らじ」を掲げる作品は膨大な点数に及び、1997年「地球温暖化防止京都会議」記念切手原画、2001年「日本文化デザイン賞」(第24回日本文化デザイン会議)受賞など受賞歴多数。2013年、2018年環境省「地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議」ポスターに採用される。幼少から沖縄の自然、海、魚と親しむ大の釣り好き。

【再入荷】 Lekufee Carrying Case Compatible with New DJI Air 2S Drone or DJI Mavic Air ドローン、ヘリ、航空機

【再入荷】 Lekufee Carrying Case Compatible with New DJI Air 2S Drone or DJI Mavic Air ドローン、ヘリ、航空機